朝ごはん抜きは、本当に体によくないのか?

食と健康について

みなさんこんにちは!

実はですね、ボクは朝ごはん抜くことが多いんです。

と、いうか、ボクの朝ごはんは、「白湯」と「リンゴ」ときどき「コーヒー(ブラック)」

くらいです。

でもね、「朝ごはん抜き」って、よくないってイメージが強すぎませんか?

学校でもそう教わってきたし。

何よりもお家でお母さんに怒られる(笑)

でも、本当にダメなんでしょうか?

1日3食は本当に正しいのか?

結論から言いますと、ボクは正しくないって思っています。

ボクは1日2食の食生活を送っています。

つまり、朝ごはん抜きの生活です。

規則正しく、1日3食を食べると、どーーーーーーしても太るんですよね。

皆さんはどうでしょうか?

太る、ということは、すなわち「糖質のとり過ぎ」ということになるんですが、

1日2食に変えたからと言って、単純に痩せる、ということではありません。

普段から、糖質を取らない方(パン、白米などを取らない方)であれば、

食べるのは野菜とか、肉とかでしょうから、3食とっても太らないでしょう。

朝は、白米とみそ汁、昼は何かの定食、夜はビールを飲みながらパスタや白米を・・・

という方はおそらく30歳を超えたあたりから「糖尿一直線」になると思います。

おそらくですが(笑)

このあたりは、過去の記事を。。

まあ、糖質は、制限しきれませんから。バランスよく付き合うことが大切です。

血糖値のコントロールは、インシュリンによってされます。

食べていない時間=空腹時間とすると、この間は、血糖値のコントロール(インスリンの分泌)を体はしないで済みますよね。

ですが、空腹状態から、パンや白米などをたくさん食べることで血糖値はスパーク(急上昇)します。

結果、過度のインスリンの分泌によって体に負担がかかり、血管も内臓も少しづつボロボロになっていきます。

ボクなりの結論ですが、

①できるだけ空腹状態を長くすること

②空腹状態からの食事は、血糖値を急激に上げない方法をとること

が大切なんだって思うようになりました。

食事の回数の話ですが、

実は、日本の食事は江戸時代までは「1日2食」でした。

西洋化の影響で3食に変わったのです。

宮中でも、文献にょると、朝食は昼の12時で、夕食は夕方の16時。

次の日の朝食まで、なんと空腹時間は19時間!!

なんか、面白いですねー

現代の「当たり前」とずいぶん違う。

例えば、ボクの実践ですが。

夜の9時までに晩御飯を終わらせ、次の日のお昼まで空腹で約15時間。

そして、お腹に入れるランチにご注意です。

「豚の生姜焼き定食」なんかいいでしょう。

最初に「白米」。。だめです!

糖質をがっつかず、まずは同じ炭水化物の「食物繊維」の野菜を。。

そして、副菜があれば、先に食べましょう。

次に、お肉を。。。お味噌汁を。

お腹が少し満たされた段階で、ようやく白米OKです。

血糖値をスパークさせないためには、糖質は最後に。

間違っても、白米のおかわりなんて、「厳禁」です~(笑)

ドリンクにも注意してみよう

ポイントは2点です。

①ジュースをやめる

②お酒の種類を考えてみる

水分は絶対に取らないといけませんから、積極的にとるのがよいのですが、

糖質の塊であるジュースは厳禁です。

だめです。

NGです。

百害あって一利なしです。

今すぐにジュースを断ちましょう~(笑)

食事していないのに血糖値をスパークさせますし、太りやすい体になります。

過去記事でも書きましたねー

また、お酒も、糖質の多い「ビール」「日本酒」などの醸造酒をできるだけやめてみましょう。

糖質が少ないのは、「焼酎」「ジン」「ウィスキー」などの蒸留酒です。

ボクのおすすめは「ジン」の炭酸割りや「ウィスキー」の炭酸割りです。

どうしてもお腹がすくとき

ここで登場なのが、健康食の代表格「ナッツ」です。

間食にはチップス系やあまーいスイーツ系を断ち、

積極的に「ナッツ」を食べます。

腹持ちもよく、体に良い油がたくさんで、カロリーも高い。

科学的に証明されている「健康食」です。

おすすめの外食

もう、これ絶対おすすめの外食です!

嫌いな人はほとんどいない。

ズバリ、「焼き鳥屋」です。

タレでなくて、「塩」で食べましょう。

塩で食べる焼き鳥は、基本的に糖質「ゼロ」です。

お酒は、ハイボールなんていいかも~

「居酒屋」もいいですね。

特に「鍋」がおすすめです。

白米の代わりに「豆腐」を食べましょう。

まとめ

今回も、ボクの完全な独断と偏見(いや、ボク的にはエビデンスを持っているつもりですが)による

糖質制限の方法をお伝えしました。

食生活は、1日2回。

お昼ご飯の食べる順番に注意。

ジュースをやめる。

お酒の種類を変えてみる。

外食なら、「焼き鳥」。

ということで、また今日もカメラもって出かけてきます。

ではまた~

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました