美味しいコーヒーの本当の条件について考えてみた

コーヒー

みなさんこんにちはー!

日に日に寒くなる影響もあるのでしょうか。。

家飲みのコーヒーがとても美味しい時期になりました。

今日のコーヒーは、「ブレンドコーヒー」です。

・エルサルバドル ロスアルペス農園

・グァテマラ エルインフェルト農園

・コスタリカ シュマヴァ農園

配合は1:1:1です。

もちろんそれぞれ高品質のスペシャルティコーヒーですので、混ぜなくても美味しい。

エルサルバドル、とくにコスタリカは特徴的なよい酸味を持っています。

こうして、何種類か集めたコーヒーをブレンドして飲む。

というのもなかなか楽しいもので、個性を伸ばしたり、消したり。

思いもよらない味になったり。

人の集団も同じだなーって思いながら(笑)。

美味しくコーヒーを頂きました。

美味しいコーヒーの条件を考えてみる

さて、今日のテーマですが。

「美味しいコーヒー」、グーグルで検索してみました。

・美味しいコーヒーが飲める店

・美味しいコーヒーの作り方

・美味しいコーヒーの商品

などなど・・が出てきました。

コーヒー専門店で行われている「コーヒー教室」は、「抽出方法」に特化した内容が多いですよね。

美味しいコーヒーのたてかた『ペーパードリップ編』とか。

ですが、今回の記事は、美味しいコーヒーのたて方ではありません。

もちろん「抽出」も大切です。

すこし話を変えてみます。

ボクたちは食品の流通の末端にいます。

ボクたちが購入し、口にするコーヒー豆は、それまでにどのような経路をたどってきているのでしょう。

カンタンですが考えてみました。

「土壌」の選定→土壌の管理→種植え→発芽→育成と管理(数年)→

→開花→結実→「収穫」「精製」(水洗いや乾燥方法)→袋詰め→輸出→

→商社(又は専門店)に到着→専門店に到着→「焙煎」

→袋詰めと「管理」→ボクたちが購入→「抽出」。。

ほんとまあ。。。長い長い時間をかけて、地球の反対側からコーヒーがやってくる訳ですねー。

この中では、ボクが今日たてたコーヒーは、最後の「抽出」の部分です。

コーヒー専門店の中で出来ることも、「焙煎」からの工程です。

コーヒーには、ボクたちが「管理できない部分がとても多い」ということが判ります。

最近は、高品質のコーヒーは、「アロマパック」など、鮮度を保持する特殊な袋に入っていることが大半です。

実際は、ボクたちが手を加えられるのは最後の「抽出」くらいです。

さて、流通経路の中でも、最近特に重要だなーと思う2点が、

どうやって収穫されたか

焙煎後の管理は適切か

です。

コーヒー豆の焙煎と、管理

コーヒーにとって、「焙煎」は欠かせません。

コーヒーは、加工品です。

焙煎という加工の行程が入ります。

添加物とかの加工品ではなく、自然の素材のまま、熱を加えることで「化学変化」させるという加工です。

焙煎という工程によって、命を吹き込まれたコーヒーですが、その寿命はとても短いです。

焙煎後、コーヒー豆の鮮度は徐々に失われていきます。。

コーヒーミルでひくと、更に鮮度は急速に落ちていきます。。。

焙煎後、どれくらいの期間が経っているか?

焙煎後、店頭に陳列されているコーヒー豆は、どういう管理がされているか?

など、専門店に行ったときに観察してみるのも面白いですよ。

だから、専門店には「コーヒーミル」が置いてあるんですね。

そして、焙煎するコーヒー豆そのものの鮮度がとても大切です。

鮮度の落ちた、よくない豆がたくさん入っている品質の悪い生豆は、どんな熟練の焙煎士にも美味しいコーヒーにすることができません。

ですので、素材(生豆)が大切なんですね。

コーヒーにとって一番大事な「収穫」

さて、ようやく今日の本題にはいっていきます。

コーヒーの木にたくさんのコーヒーが実り、いざ収穫のとき、どうやって収穫されているのでしょうか?

スペシャルティコーヒーの世界では、基本「人の手による手摘み」です。

この収穫はコモディティ。スペシャルティは、完熟の実だけを摘む。

ひと粒ずつ。凄くないです?(笑)

コモディティとかは、超大型の機械で一気に収穫されます。赤い実も、熟していない緑の実も。

こうやって、同じ木から採れるコーヒー豆なのに、コモディティには品質に差が出るわけです。

スペシャルティコーヒーは、熟練の「ピッカー(コーヒーの実を収穫する人)」と呼ばれる人たちが熟した実をひと粒ずつ摘んでいきます。

完熟のコーヒー豆を一粒づつ摘んでいくことで、品質のバラつきもなくなります。

そしてなにより、一番よい状態で収穫されることは、全ての農作物を美味しく頂くための条件だと思います。

ピッカーの劣悪な労働環境

さてここで、問題があります。

コンビニのコーヒーって、100円ですが、低価格商品をささえているのは、いつだって低賃金の労働者です。

一杯のコーヒーの価格のうち、コーヒー農家に渡るのは僅か1〜3%しかない、というのはよく聞く話です。

でもそれは、農園主の話で、コーヒーを収穫するビッカーの収入は、その20分の1といったところでしょうか。

専門店の一杯500円のコーヒーでも、彼らの取り分は25銭。

彼らの労働は過酷ですが、時給にすれば、50円ほど。

ブラック企業どころの騒ぎではありませんねー

日本でコーヒー屋さんに勤めれば最低賃金は保証されますが(笑)

美味しいコーヒーは、将来は手に入らない

夢のないこと言って、すみません(笑)

ですが、劣悪な労働条件により、完熟の実だけを収穫してくれるピッカーが激減したら、スペシャルティコーヒーの価格は暴騰し続けていくでしょう。

本当にお金持ちの人だけが飲めるものになるのか。。?

それか、手頃な価格で、品質の落ちたコーヒーしか飲めないということになるのか。。?

多分、後者でしょうねー(笑)

富の分配にまで話が膨らんだ、コーヒーの話でしたね。

今日も長々と、お付き合いくださり、ありがとうございます。

ではまた〜

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました