SPICE RECIPE シンプルなほうが美味しい 「バターチキンカレー」

コラム

みなさんこんにちは!

今日から12月。

すっかり冬らしくなりましたね。。寒い。

先日、ベランダから月を撮りました。

綺麗なまんまるな満月でした。

ね、綺麗でしょう。

寒い中、ベランダで写真を撮っていると。。

満月が「バターチキンカレー」に見えてきました。

いや、病気じゃないですよ!正気です。

お腹空いていたんでしょう。

星ひとつない真っ黒な空の中、黄色く光る満月は、

とってもシンプルなバターチキンカレーのようで。。

何度も作っているカレーですが、シンプルなだけに面白い。

このカレーは、大きく分けて、

①鶏肉の処理と味付け ②スパイスの配合 ③乳製品の分量

この3つです。

あれこれと、その都度、この3つのバランスを変えていくのが面白い。

バターチキンカレーのレシピです(4人前)

☆鶏肉のマリネ

  • プレーンヨーグルト   200ml
  • にんにく(すり下ろし) 1片
  • ショウガ(すりおろし) 1片
  • オリーブオイル     小さじ1
  • 鶏もも肉        2~3枚 

☆スパイス(後述)

☆他

  • バター(あるかたは、ギー)50g
  • 生クリーム  100ml
  • カットトマト 1個
  • 赤ワイン   100ml
  • 蜂蜜     大さじ1
  • 塩・コショウ 少々

ギーってなに?というかたはこちら

鶏肉の処理は、ぶつ切りにカットし、ヨーグルトでマリネします。

やっぱり、多少時間をとってでもマリネはするべきです。

時間がなくても2時間くらい我慢。。

我慢も立派なスパイスです。

ここでスパイスを投入すれば、タンドリーチキンに変化します。

タンドリーチキンを作り、オーブンで焼き、それをバターチキンのもとにすることも出来ますが、少し手間ですし、オーブンは調理時間では鶏肉の旨み(油)が抜けてしまうことがあるので、カンタンにフライパンで焼き色をつけましょう。塩、コショウを忘れずに。

まずは、ホールスパイスをバターで炒めます。弱火で。じっくりと。

カルダモンがぷっくりと膨れてくるまでです。

カルダモンとクローブとバターで、イランイランの香水のような甘い香りが漂います。

あー。。よい香り。幸せ。

マリネした鶏肉を投入し、軽く焼き色をつけましょう。

そのまま、ワイン、カットトマトを投入。

10分ほど煮込み、スパイスを投入します。

さて、今日のスパイスの配合です。

☆パウダースパイス

  • ターメリック    小さじ1
  • ブラックペッパー  小さじ1/2
  • パプリカ      小さじ2
  • クミン   小さじ2
  • ジンジャー   小さじ1/2
  • レッドチリ     小さじ1/2
  • 黒岩塩       ひとつまみ

☆ホールスパイス

  • スターアニス   1粒
  • クローブ     8粒
  • カルダモン    5粒
  • シナモン     1本

☆仕上げに

   あれば、カレーリーフ(カスリメティでも)

やっぱりスパイスは、香りが大切なので、全体の工程の60パーセントは以上終わったくらいで使用するのがよいですね。

ターメリックのクルクミン。ブラックペッパーのピペリン。パプリカ多めで、強抗酸化。

寒いですからね。鶏肉にも、パウダーにも、ショウガを入れます。

少し薬膳的なレシピですね。

仕上げには、生クリームを入れ、ひと煮たちさせ、リーフを入れて完成。

赤ワインは、お好みです。

ボクが好きなだけです。

このレシピ、赤ワインが合います。試してみて下さい。

赤ワインいれないときは、生クリームを倍に増やしましょう。

完成~!

んん~ なんてよい香り。。

ところで、バターチキンカレーをもっともっとシンプルにすれば、

  • 鶏肉
  • スパイス
  • トマト
  • バター(または生クリーム)

のみで作成できますね。一緒に煮込んで、終わり。

きっと美味しい、でも、自分なりの美味しさを探る面白さが楽しい。

レトルトのバターチキンカレーも、本格的なものが多いですよね。

あー、日が早くなったな。。

では!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました