動物園で、様々な表情を撮る ~Sony FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS~

カメラと写真について

みなさんこんにちは!

実は先日、望遠レンズを買いまして。。

ソニーの。。

欲しかったやつを。。

これです!

画像はソニーさんの公式より

ミラーレスカメラを買って約2年。

ちなみに最近まで本体は、α6300でした。

ずっと単焦点レンズ(E35mmF1.8)を使い続けてきました。

35mm換算で52.5mm 。だいたい焦点50mmあたりが見たまんまっていうし、初心者の練習によい?ということで。

練習用に約1年半使い倒し。

よくボケるレンズなので、楽しんで撮影できました。

いやーホントによいレンズですよ。軽いし、明るいし。

F 値が1.8ですので。とにかくボケまくるレンズです。

でも。。そろそろアップグレードを。

Eマウントのレンズって高価なものが多く、なかなか手が出ない。

先日タムロンのEマウントレンズで28-200mm F2.8-5.6というのがでたんです。

価格新品で7万円台。。最初はこれを狙っていたんですが、レンズ内補正がないんですよね。

α6300は、ボディ内補正がないので、出来ればレンズ内補正が欲しい。

ということで、選択肢もいろいろ考えたんですが。

  • ソニー本体ボディを補正付のを購入し、タムロンレンズを買う。
  • 違うメーカーのボディを購入し、レンズを探す。
  • レンズ内補正のついたEマウントレンズを購入する。

結局、将来同じソニーのフルサイズ機に買い換えたときを念頭に置き(現在は買い替えてフルサイズです)、探すことにしました。そして、購入に至ったのが「Sony FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」というわけです。

きっと、ミラーレスカメラを購入するときに次のレンズのことを考えて購入する初心者の方って少ないと思うんですよね。

ボクなんかほんとそうですし。

これからカメラライフを始められる方にアドバイスですが、出来ればボディ内手振れ補正がある本体を購入しましょう。

のちのちレンズ購入を考えるときに選択肢が広がりますよ。安くつきますし(笑)。

けど、極論ですが、どちらにも手振れ補正ついていなくても、Mモードで撮影できるようになってくるとそんなに気にならなくなってきます。

さて、本題です(笑)

今日は、なんでもっと早く望遠レンズを買わなかったんだろう。。

って感じさせてくれる、そんなレンズと出逢えた感じです。

先日、近場の動物園に行ってきました。

200ミリのレンズなんて、動物園や運動会、学芸会などしか出番がないかもですが、逆に言えば、「その時」には強さを発揮します。

つぶらな瞳・・・こぼれそう
毛の質感がよい。ガラスみたいな瞳
こちらに気がついた瞬間
手前の網をボケさせて。。。ミーアキャットかわいい。
カピバラのこの表情(笑)
毛が白く光るところがお気に入り
遠くの2階からでも狙えました
シマウマは、縞が表情なのかも
毛の感じがよいです
うとうと。。しているところを1枚

基本、露出はマイナス設定でした。出来るだけ離れて、望遠側での撮影が主でしたが、レンズ内手振れ補正も効いているのでらくらく撮れました。

本体の画質を落としても解像度は「3000×1700」くらいあるのですが、ブログ用に「640×360」くらいにさらに落としています。

もとの画像は、拡大しても毛の質感はすごく鮮明です。

いやー!なかなか狙いどおりに撮れたので嬉しいです。

動物に、植物。。

今までとは違う捕り方ができそうです。

暗い室内では、さすがにISO数値を調整しなければなりませんが、

晴れた日で野外で撮影なら、これ1本でほとんどの撮影をまかなえると思います。

ちなみにこれが動物内でも広角側(24mm )

これが同じ位置からの望遠側(240mm )

広角側(24mm )

望遠側(240mm )

これから望遠レンズを購入するかたのなにかの参考になれば嬉しいです。

では!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました