ブレンドスパイスについて

コラム

みなさんこんにちは!

今回はスパイスのブレンドの話なんですけど、スパイスに限らず、何かを作る時に、やっぱり「よい」モノを作りたいですよね~

でも、この「よい」というのがなかなか難しいというか、クセ者というのか。

よいスパイスってなんだろう

「よい」の定義をきちんとしないと、「よい」ものは作れない。

というのは、ボクの長年の仕事の経験です。

マーケティングの話っぽくなるので、興味ない方は飛ばしてくださいね(笑)

どんなものが、客観的に「よい」スパイスなのか・・・ということを考えてみました。

  • 美味しい
  • 安い
  • カンタンに扱える
  • 自分以外の評価が高い
  • 鮮度がよい
  • 保存状態がよい
  • 出来るだけオーガニック
  • 美や健康に良い成分がある

スパイスの使い方って、レシピのことになりますので、とりあえずは置いておきましょう。

そのうちいろいろレシピをアップしていく予定です。

効能や、利便性も大事ですね。

やっぱりまずは、「美味しいもの」なのかな。。と思います。

商品ありき、というやつですね。

もちろん「美味しい」については、スパイスをちゃんと保存していることは、前提です。

客観的にスパイスを検証してみる

「ボクが」美味しいと思うものは簡単に提案できるんですが、少しマーケティングしようと思いまして。図書館でスパイスに関する本やレシピを山ほど借りてきました。

その後、約300通りのレシピを比較して、使われているスパイスの使用度を調査したんです。(調査の時は、ホールかシードか問いません。タイミングも問いませんでした。例えば、クミンシードとクミンパウダーをどちらも使っていた時は、クミンパウダー×1とカウントしました。)

それらのスパイスは、ボクが考えるトップ10とどのくらいの差があったのか?

また、日本人の方の、日本人の為のスパイス提案であるそれらのレシピは、分量を比較すれば、日本人好みのブレンドはこれだ。という客観的な答えが導きだせるんじゃないか?

など、目的を持っておこなったんですが、結果は、納得でした。

と、いうか分かっていたのかも。

マーケティングで得たトップ10も、自分自身のトップ10も、8割同じでした。

順位は違ってましたけど。

というわけで。最終的に10個のスパイスを選出してみました!

  • クミン
  • ターメリック
  • レッドチリ
  • ジンジャー
  • シナモン
  • コリアンダー
  • カルダモン
  • ブラックペッパー
  • クローブ
  • フェネグリーク

これらをブレンドすることで、「万人受けする」スパイスになるのかは分かりませんが、データ的にはそこまで的外れではないはずです。

分量について

分量については、あまりにも違いすぎて、それぞれのレシピ本はあまり参考にならなかったです。

途中、収拾がつかなくなりました。

まあ、仕方ありません。これは作成者の香りの設計ですので正解はないです。

客観的に得たこれらの人気スパイスから、万人受けブレンドを作り出す作業となったんですが、これが思ったより大変すぎました。。沼にはまった気分です。

均一性を持たせるために同じメーカーから数十種類スパイスを取り寄せ、何種類も分量を変えながらパズルのように組み立て。

香りを、味を検証し。さらには焙煎し。。

途中、気がついたのですが、初めにスパイスを何種類使う、と決めておかないといけません。

話せばキリがないので、それはまた、別のお話。

とにかく、主観的かつ、客観的なスパイスブレンドが、自分の中では誕生しました!

大変だった。。。

それはもう、オールスターですからね。

これを用いたスパイスカレーの味と香りはボクが保証します(笑)

でも、個人的にはたくさんブレンドするよりもシングルというか、そのものの個性を感じられるブレンドのほうが好きだな~

そうして更けていった休日の夜でした。

ではまた!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました