美の唐辛子、「パプリカ」

パプリカ スパイスについて

今日は、やっとご紹介できます。

ボクの一番好きなスパイスのひとつ、「パプリカ」の記事です。

以前のスパイスコラムで、「危険な唐辛子」を書きました。

このパプリカというスパイスは、「安全な唐辛子」です。

僕は「美の唐辛子」と呼んでいます。

ナス科トウガラシ属の血統書つきの「唐辛子」なんですが、唐辛子の辛味成分の「カプサイシン」を遺伝子で持っていません。

スパイス界では珍しく、ヨーロッパ、ハンガリー原産です。

ハンガリー語でのピーマンを「パプリカ」といいます。

コロンブスが持ち帰った唐辛子を、品種改良し、辛くない唐辛子として育種されました。

また、ハンガリー出身の生科学者が、パプリカからビタミンCを発見し、ノーベル賞を受賞した話は有名です。

パプリカの効用

赤いスパイスですが全く辛味はありません

パプリカは、なんと言ってもその豊富なビタミン。

体の内面から健康と美を支えてくれるスパイスです。

パプリカはビタミンCが豊富です。

また、ビタミンCは加熱に弱いので、スパイスを用いた料理だと通常はなくなってしまいます。

ですが、パプリカにはビタミンPが含まれえているため、加熱してもビタミンCが壊れにくいのです。

またこのビタミンPには、「アンチエイジング」の効果があります。

パプリカの抗酸化物質である、緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドは、特にパプリカには多く含まれています。

カロテノイドは、『カロテン』と『キサントフィル』の2つのグループに分けることができ、アンチエイジング効果は、キサントフィルのほうがより有効だといわれています。

そして、赤パプリカには、そのキサントフィルが超がつくほどたくさん含まれています。

なんと、ニンジンの約50倍、トマトの約100倍というからケタ違い!

改めて、「赤」のパワーを実感しますね。

今日のスパイスカレーにはパプリカをたくさん入れて真っ赤にしちゃいましょうか。

美への情熱とともに。

スパイスカレーに使うブレンドも、だんだんと好みが変わってきます。

初めのころは、「コリアンダー」「クミン」「ターメリック」が入っていればよいと考えていまして、ブレンドもこの3つのスパイスを多く使用していました。

最近では、パプリカの使用量が一番多いです。

先日作ったバターチキンカレーも、パプリカの量が多めでした。

手軽に「苦味」の味も取ることもできて、アーユルヴェーダ的にもよいスパイスです。

また、世界で一番の健康食として注目を受ける「地中海料理」には、もっとも使用されるスパイスです。

興味のある方はこちらもよんでみて下さい。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました