スパイスの女王「カルダモン」

カルダモン スパイス辞典

ひと言で「気品」。。といいますでしょうか。

なんともいえない爽やかで冷ややかな香りを放つスパイス。

高嶺の花のような(?)清楚なフレグランス。

スパイスの女王「カルダモン」のご紹介です。

スパイスの王様が「コショウ」なら、女王は「カルダモン」といわれます。

スパイス界では、さすが女王。

その価格の高さが際立つカルダモン。

世界3大高級スパイスランキングのTOP3です。ちなみに。。

  • 1位  サフラン
  • 2位  バニラビーンズ
  • 3位  カルダモン     
  • といった順番です。

スパイスカレーの原料としても、お財布泣かせなスパイスです。

こればかりは仕方ないです。

高嶺の花は、多少お金がかかるものですから(笑)。

わかりますよね?貴方も(笑)

カルダモンってどんなスパイス?

その歴史は古く、古代エジプトやローマでは「薬」として用いられたそうです。

カルダモンはショウガ科の植物ですが、根を用いるのではなく、実を用います。

また、ショウガのような辛味はほとんどありません。

カルダモンの語源は、ギリシャ語の「kardamomon」といわれています。

「心臓」「薬」という意味のある言葉だそう。

たしかに、カルダモンの形は心臓のようにも見えますね。

カルダモンには大きく2種類あります。

私たちがよく目にするのは「グリーンカルダモン」で、一番よい香りとされています。

グリーンカルダモンを漂白したのが「ホワイトカルダモン」。

グリーンとホワイトは品種は同じです。

品種が違いますが少し大きめの「ブラックカルダモン」というものがあります。

グリーンカルダモン(左)とブラックカルダモン(右)

また、カルダモンの栽培は日本では、ほぼ不可能に近いです。

ですが、ご自宅に温室を持っている方であれば、可能性はあります。

少し前にテレビの番組でジャニーズの方がスパイスの栽培に挑戦していましたが、さすがにカルダモンは無理でしたね。

カルダモンは、コーヒーがすくすく育つような気候が好きです。

熱帯性気候で標高1,000mくらいの土地が適しているといわれています。

ご自宅でコーヒーの苗木を育ててもなかなか上手くいかない方は、まずカルダモンは育てられません。

ボクもいま、3本目を育て中です。

主要生産国は「グァテマラ」「インド」です。

とくに近年「グァテマラ」が生産を伸ばしています。

コーヒーの世界でも良質なスペシャルティコーヒーを産出するグァテマラ。

コーヒーの産地としては最上の気候と土壌を持った国でもあります。

と、いうことでコーヒーとカルダモン、きっと相性が良いはずです。

カルダモンコーヒー

カルダモンをこよなく愛する、ベドウィンという遊牧民が居ます。

ベドウィンは移動式のテント生活をしています。

客が来たときに、歓迎するため、カルダモンコーヒーを作ります。

まず、最上のカルダモンを使っていることを見せて、コーヒー豆を丁寧にローストします。

オリーブの木でできた棒で潰し、挽きます。

カルダモンと共に、「ダラー」といわれるポットに入れてボイルし、完成です。

飲むときは、ブラックで頂きます。

ダラー

ダラーは、コーヒーに詳しい方なら「イブリック」みたいです。

といえばイメージしやすいかもしれません。

イブリック

ご家庭でカルダモンコーヒーを作るときは、ポットや鍋でお湯を沸かすときに、

1人前のお湯の量に対し、1個のカルダモンを軽く砕いてお湯を沸かしましょう。

カルダモンの香りが移ったお湯で、コーヒーをたてて完成です。

アーユルヴェーダとして

スパイスの薬膳でもたくさん使用されるスパイスですが、その効用は、

  • 健胃作用 (胃腸薬としても用いられます)
  • 口臭予防
  • 抗酸化作用(スパイスではおなじみですね)
  • 抗炎症作用

僕は、カルダモンを「熱性」としてとらえています。

ショウガ科ですしね。

香りは爽やかなんですが、種を食べると少しからだが温かくなります。

消化力を高めてくれているのでしょう。

ピッタ体質の方は、少しだけとりすぎに注意しましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました