スパイスとコーヒーの相性

コーヒーとスパイス 画像 コラム

「カレーにコーヒーは合うよね」

ってよく聞くけれど、本当にそうなんでしょうか?

確かに、よく言われるところの「美味しいコーヒーを出すカフェのカレーは美味しい」ですが、感じたことはあります。一度だけ(笑)

「合う」というのは、スパイスの香りとコーヒーの香りの相性のことなのか、それぞれが液体となったときの「コク」の相性のことなのか。。

なかなか狭いようで広い問題です。

インドネシアのスマトラのように、風味に「土」っぽさのあるコーヒー豆であれば、ローストしたターメリックナツメグなんかと相性がよさそうだな・・

コーヒーは出来れば深煎りで。

とか、エチオピアのモカのグレードの高いコーヒー豆で浅煎りのフルーツフレーバーのコーヒーなら、カルダモンと相性よさそうだな・・

といろいろな組み合わせが想像されます。

実際、「相性のよい」コーヒー豆とスパイスってあります。

・ターメリック 

・カルダモン 

コーヒーと相性のよいスパイス

以下の4つのスパイスは比較的相性がよいです。

  • ジンジャー(発熱・発汗作用)
  • シナモン (健胃・発汗作用)
  • カルダモン (整腸・口臭予防)
  • クローブ  (健胃・殺菌作用)
  • ナツメグ  (健胃・美肌作用)

お菓子作りによく使われるシナモンは、コーヒーによく合います。

パウダーをひとつまみ入れ、お砂糖をきかせると、美味しくいただけます。

カルダモンは、この中ではシナモンについでコーヒーとの相性がよいと感じます。

フローラルな華やかさがある香りで、癖になります。

シナモンやカルダモンの明るく華やかな香りに対し、クローブは大人の香りです。

ザンジバル風のスパイスコーヒーでは中心のスパイスとなります。

ナツメグは少し独特な香りなので、好みが分かれます。

最初はごくわずかな量から試してください。

あとは、コショウも華やかさとパンチを加えてくれますし、バニラビーンズを使ったコーヒーもなかなかエレガントです。

作れば、「スパイスコーヒー」といえるでしょうし、新ジャンルとなりえるかもしれませんが、いまのところ作って販売する気はありません(笑)

「相性」と「美味しさ」とは別物だと思うからです。

ブレンドについて

僕は、コーヒーもブレンドするし、スパイスもブレンドします。

コーヒーもスパイスも、粉の香り(=フレグランス)、液体の香り(=アロマ)よりも、口に入れたときのあの鼻から抜ける幸せの香り(=フレーバー)が一番個性を感じやすい部分だと思っています。

それぞれの個性を大切に考えるなら、スパイスもコーヒーも、ブレンドという工程で作者が「香りの設計」をしているんです。

なので、僕にとっては、混ざらないほうがよいわけです。

香水と香水を混ぜ合わせるようなもので、スパイス特有のアフターテイストの香りや、コーヒー特有のアフターテイストの香りをぼやかしてしまうと感じてしまうんですね。

コーヒーのブレンドを設計する過程で、コーヒーの香りとして、あともうひとつ・・・

爽やかで上品な、カルダモンのような香りを加えたい。

といったときのコーヒーとスパイスの融合には、可能性を感じます。

実際、このコーヒーには、このスパイスが、というのは経験則でもっています。

美味しいスパイスカレーのあとの、美味しいコーヒー。幸せですよね。

でも、スパイスカレーには、やっぱりチャイでしょ。

というのが今のところの僕の結論です(笑)

アーユルヴェーダ的には、食材の「食べ合わせ」が良いか悪いかは重要な問題です。

「消化」に大きくかかわります。

あと、ピッタ体質の方、「香り」は大切です。

心地よい香りは体の中の火性を沈めてくれます。

ローズや、イランイランの香りがお勧めです。

単にボクの好みですが(笑)

spicecat: vanilla

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました