あなたにとってのベストフルーツは?

フルーツ画像 コラム

フルーツや野菜には抗酸化物質が豊富に含まれている

10年も前になりますが、

フルーツや野菜のことを勉強しながら(資格をもっています)、

ポリフェノールなどの「抗酸化物質」についても勉強しました。

フルーツや野菜には「活性酸素」の害をおさえる

抗酸化物質」が豊富に含まれています。

光合成によって成長するフルーツや野菜にとって、

日光は欠かせないものです。

ですが、同時に日光からは、紫外線を受けることにもなります。

常に紫外線を浴び続けなければならないフルーツや野菜は、

紫外線から発生する「活性酸素」に抵抗するため、

自らの体の中に「抗酸化物質」を自然と大量に持つことになります

野菜は、加熱しなければならないものが多く、

調理などで熱を加える事によって「抗酸化物質」は減ってしまいますが、

フルーツは「生」で食べられるものばかりで、

手軽にたくさんの「抗酸化物質」を取ることができます

おすすめのお手軽万能最強フルーツは、

僕も腸活に使っていますが、やっぱり「りんご」です。

もちろん僕にとってはですが。

りんごのパワー

1日1個のりんごで医者要らず

りんごには、どのようなすばらしい成分が含まれているのでしょうか?

特にすばらしい効果を持つのが、以下の4つです。

  • ペクチン
  • カリウム
  • ポリフェノール
  • リンゴ酸      です。それぞれの効能は・・

・ペクチンは、食物繊維で、便秘の改善、コレステロールを下げます。

・カリウムは、ナトリウム(塩)を体外に排出する効果を持ち、高血圧予防になります。

・ポリフェノールは、言わずと知れた抗酸化物質で、

老化防止、代謝向上、抗アレルギー、美肌効果などを持ちます。

・リンゴ酸は、有機酸の1つで、疲労回復効果があるといわれます。

リンゴ酸は、懐かしいですね。

僕はコーヒーの鑑定の資格とかも持っているんですが、

その実技試験の中にもありました。

リンゴ酸やクエン酸や酢酸を水でものすごく薄め、それぞれを濃度順で当てたり、

混ぜたものの比率を当てたり。。

1週間試験会場に缶詰で、ひたすら味覚、嗅覚のテストを繰り返したあのときの経験は、今でも生きています。

話はそれましたが、「1日1個のりんごで医者要らず」といわれるほど、

りんごにはこのように、すばらしいパワーがたくさんあります。

あなたの腸活にもご活用ください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました