Pitta(ピッタ)体質

ピッタ体質 アーユルヴェーダ

Pitta(ピッタ)体質の特徴

ピッタは「」です。

ピッタの一言でのイメージは、「熱く変化する炎」です。

ピッタの力は「火」なので、炎が光や熱や煙や灰に変化するように、

A→Bにかえる力をもちます。

体の中では「消化」や「代謝」などがイメージしやすいです。

ピッタ体質の方は、体の消化や代謝の力だけでなく、

頭の中で情報を消化したり代謝したりする力がつよいので、

仕事場でリーダーであったりする人が多いです。

視力もよいかたが多く、大胆さや勇気をそなえた人が多いといわれています。

ですが、体の中の「火」が強いので、怒りやすくキレやすい(笑)

という特徴もあります。ドーシャは性格までつくるんですね。

ピッタが増えすぎると、炎症など「熱さ」に関係する異常が起こります。

皮膚炎、口内炎、胃潰瘍。またほてり などはその症状です。

僕は完全にピッタ体質なので、口内炎、胃もたれ、下痢などがでます。

また、空腹になるとイライラしてくるのはよくあるピッタの特性です。

ピッタが増える原因は「怒り」と「熱」です。

特徴全てが当てはまるくらい、僕は完全にピッタ体質なので(笑)

空腹になり過ぎないようにコントロールしています。

ピッタ体質の方、ピッタが増えた方は、

「冷たい性質」の食べ物をとりましょう(温度ではなく、体を冷やす性質の食べ物)。

手軽なところでは、牛乳、甘いフルーツココナッツなどが効果的です。

牛乳、僕は苦手なんですが、苦手な人は水やお湯で薄めたりするとよいです。

僕はヨーグルトなんかもよく水で割って飲んでいます。

「熱」を生んではよくないので「唐辛子」を控えめにしましょう。

僕はスパイスカレーからアーユルヴェーダに入ったので、これはかなり衝撃でした。

とにかく辛いものが大好きで、汗をかくので身体によいと思っていたからです。

ダイエットを始めてからは、唐辛子を減らし、他のスパイス、

特にコリアンダーをたくさん使うようになりました。

結果、体質にも効果的で、スパイスカレーもさまざまなスパイスに改めて注目することで

バリエーションが広がったと思います。

「怒り」はピッタを増やすので、

出来るだけ「落ち着いた音楽」や「アロマ」などが効果的です。

バラの香りなんかはとても効果的だと実感します。

ピッタ体質の特効薬として「ギー」(バターを精製して作る油)があります。

アーユルベーダショップ等で購入できます。僕は精製しています。

spiccat: Cinnamon

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました