その効用に注目「ターメリック」

スパイス画像 スパイスについて

スパイスカレーのスパイスといえば、僕にとっては

  • クミン
  • コリアンダー
  • ターメリック  が3大スパイスです(もちろん人によって違います)。

ターメリックは、「ウコン」のことです。

コンビニなんかでも「ウコンの力」として、二日酔い対策として販売されています。

主要生産国は、やっぱり本場のインドです。

インドで生産されたターメリックは、8割以上を国内消費で使われます。

ターメリックはインドに欠かせないスパイスです。

カレーの黄色い着色成分でもおなじみのターメリックですが、近年注目の成分があります。

ターメリックの「クルクミン」

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

クルクミンは、ターメリックの主成分です。

科学的にとっても安定した成分で、「黄色い色素=クルクミン

と思っていただいた良いです。

ターメリックの色素って、スパイスを扱ったことがある方ならわかりますが、

落ちませんよね。染物に使われたりもします。

このクルクミン、なかなかの物質なんです。

がん細胞を抑え、糖尿病やアルツハイマー、関節炎などに効果がある

のではないかと期待されています。すげー!

クルクミンは腸内に取り込まれたときに「テトラトドロクルクミン」となります。

この成分が、ものすごく強力な「抗酸化作用」を持ちます。

また、クルクミンは、炎症物質を作るたんぱく質を抑制するといわれています。

ターメリックの効果的な摂取方法

クルクミンは、そのまま食べても体内に吸収されにくい。

といわれていますが、乳製品と混ぜると取り込まれやすくなります

インドではカレーにミルクやヨーグルトを使います。

ターメリックが乳製品と相性がよいことを知っているんですね。

ターメリックと相性のよいスパイスは、「黒胡椒(ブラックペッパー)」といわれます。

黒胡椒の成分はターメリックのクルクミンと相性がよく、吸収されやすくなるそうです。

このように、スパイス自体が相性がよいと、成分も相性がよいということが多々あります。

「ターメリック」+「ミルク(ヨーグルト)」+「ブラックペッパー」

という組み合わせがクルクミン摂取にとってよさそうです。

考えていると「スパイスカレー」や「タンドリーチキン」が食べたくなってきました。

スパイスには、このようにさまざまな効用があります。

「薬膳」としてスパイスを眺めてみると、さまざまな気付きや発見があります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました