スパイスの王様 「コショウ」

コショウ画像 スパイス辞典

世界で1番有名で、誰もが使っているのでは・・というスパイスは。。

そうですね、「コショウ(ペッパー)」です。

スパイスの女王が「カルダモン」なら、

スパイスの王様は「コショウ」といわれています。

コショウの歴史

胡椒の原産地は「南インドマラバール」といわれ、アラビア海沿岸地域です。

コショウは、紀元前から栽培されていました。

古代ローマでは「金」と同じ価値とまで扱われ、

インドからヨーロッパのイタリアまで海を渡って運ばれていました。

これを「スパイスロード」といいます。

海路をたくさんの人の手を経由し渡ることによって、

コショウの価格はどんどんつりあがります。

エンドユーザーに届くときには金と同じような価値までになりました。

考えて見ますと、このころのイタリアの繁栄も、スパイス抜きでは語ることが出来ないのかもしれません。

コショウは英語で「PEPPER」です。

サンスクリット語で「ピッパリ」と呼ばれていたことが語源といわれています。

また、コショウは中国でも盛んに輸入され、「胡椒」といわれました。

胡は西の、椒はスパイスという意味です。

日本には8世紀ころに伝わったといわれ、比較的日本でも古い歴史を持つスパイスです。

正倉院の宝物の中にも胡椒は含まれています。

コショウの種類

スパイスのコショウには、いくつかの種類があります。

  • ブラックペッパー :緑の未熟な実を乾燥させたもの
  • ホワイトペッパー :完熟した実の外側をむいたもの
  • グリーンペッパー :未熟な実をフリーズドライや塩漬け等にしたもの
  • ピンクペッパー  :完熟の実を乾燥させたもの

です。辛さの順は、

①ホワイトペッパー ②ブラックペッパー ③グリーンペッパー ④ピンクペッパー です。

つまり、コショウは、種類ごとに品種が違うのではなく、

1つのコショウの実から、たくさんの種類を作ることができるということですね。

「コショウ」と「コーヒー」には似ている点がたくさんあります。

完熟前の実を収穫し、「天日乾燥」させたものがブラックペッパーとなります。

コーヒーでも、収穫した実を天日乾燥させて脱穀し、

生豆を取り出す精製方法があります(ナチュラル製法といいます)。

また、完熟した実を数日間水に漬けたあと表皮を除いたものが

「ホワイトペッパー」になります。

コーヒーも、収穫した実を水につけ、表皮などを除き、

きれいな生豆にして乾燥させる製法があります(ウオッシュト製法といいます)。

完熟したコーヒーの実

似てますよねー。

一番似てる!っていつも思うのが、「実」の状態です。

どうです?兄弟みたいですよね。

チョコレートの原材料の「カカオ」は、まさにチョコレートの兄弟みたいな果実です。

(焙煎もしますしね)

チョコレートとも相性のよい「ペッパー」は、コーヒーとのマリアージュの可能性を感じさせてくれるスパイスです。

コショウの効用

アーユルヴェーダでは、カパ体質の方とかに特にお勧めのスパイスです。

代謝を活性化し、体を温め、消化を高めてくれます。

また、コショウの注目の成分は「ピペリン」という成分で、「ターメリック」の効用と相性のよいスパイスとして知られています。

コショウの10パーセントくらいはこの成分で占められます。

ピペリンには、

血行促進作用、消化不良の改善、食欲増進、アンチエイジング効果、発汗作用

などが期待されます。

コショウの賞味期限は長く、冷暗所の保管で、ホールで3年。

パウダーでも2年は持ちます。

でも、コショウはやっぱり挽きたてが一番ですね。

ご家庭に、無くてはならないスパイス「コショウ」、まさにスパイスの王様です!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました