パレオ・ダイエット

ナウマン象画像 食と健康について

パレオとは、パレオリシック(旧石器時代)の略で、

旧石器時代の食生活に注目したダイエット方法です。

肉はいくら食べてもよい

卵もたくさんとってよい

米、小麦などは余りとらないほうがよい

など、過去流行したダイエット方法が、この「パレオ・ダイエット」です。

健康法やダイエット法も、ひと昔前とはずいぶんと違う内容が主になっていますね。

先日、健康診断(人間ドック)に言ったときに、

内科の先生にから言われました。

「ご飯は全く取る必要はありませんから」

「ご飯1杯食べたら、ショートケーキ1個食べたと思ってください」

など言われましたが、まさにこの「パレオ・ダイエット」や

「糖質制限ダイエット」を推進している方といえます。

旧石器時代に身近にたくさんあって現代に無いもの。。てなんでしょうか。

・運動(狩り)

・空腹感(飢え)

・睡眠

・自然

・食物繊維

・菌との接触

・命の危険

・太陽

・集団意識・・・などが挙げられます。

欝などの精神的な病や自殺とかもなかったんじゃないかなーと想像しています。

さまざまな要素の中から、今のダイエット食事の基礎となる部分が以下の3つです。

①加工食品を食べないようにする

食事の中心は、「肉」「魚」「卵」「野菜」などを中心に。

精米、小麦、豆、乳製品、砂糖などの加工食品はなるべく食べない

加工食品をとり続けていると、

14日ほどで400gの体脂肪が増えるという研究結果もあります。

②睡眠を十分にとる

これも旧石器時代には当たり前で、たくさんの睡眠していたでしょう。

獲物を狩り、食べ、寝る。

その繰り返しであったでしょうから。

睡眠しないことは、身体の成長にかかわります。

筋トレをしている方はわかりますが、筋肉が作られるのは睡眠中です。

睡眠時間が減ることは、百害あって一利なしです。

③運動をする

できれば日に10,000歩位の運動はしましょう。

どんな時代も、摂取カロリーと消費カロリーの方程式は当てはまります。

僕は運動する日と筋トレする日を分けていますが、

1日20分でも運動か筋トレかをすることをルーティーンとすることは、

引き締まった体への第1歩だと思います。

まあ。。しかしですね。

ダイエット方法って、10年前と今と、ぜんぜん違うこといってるよ。。

って思うことありますよね。

ということで、この「パレオ・ダイエット」も10年後は間違ったダイエット方法になっているかもしれません(笑)

僕はアーユルヴェーダ的な考え方に基づく食事方法や、

少しの糖質制限と、毎日のたゆまぬ腸活と、いろいろやってます。

さて10年後はどうなっているでしょうか。。

アーユルヴェーダ的に、楽しみながらやりましょう。

ちなみに、この「パレオ・ダイエット」の弱点は、

食費がものすごく高くなる、ということです(笑)

spicecat: cayenne

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました